FC2ブログ
日常の何でもない普通なコトを切り撮ります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふぉとらいふ
20100303_2230049.jpg

ゆっくりとした時間の中で
写真を楽しむと言うことは、
どういうことなのか?
改めて考えさせてくれる本でした。
藤田一咲という、写真家の方が書かれたエッセイです。
ハッセルブラッドのカメラを扱うおじいさんと、著者の、ストーリーでした。
憧れのハッセルブラッドを、ゆっくりとした時間の流れで使うことって、贅沢だなぁと思ってしまいました。
実際のところ、ハッセルブラッドのカメラは、重くて大きくて、露出もマニュアルだし、正直扱いづらいと思いますが、
なんと、生活の一部に取り入れて、楽しめるのだと、勘違いさせてくれる内容ですw

でも、実際の所、こういうゆっくりとした時間を楽しむというのは、
最近のデジカメが忘れ始めているのかなと思ってしまう。
確かに、最近のデジタルカメラって便利だし、連鎖もオートフォーカスも、優秀だと思いますが
ゆっくりと被写体と向き合ったり、考えて撮ることを忘れているのではないかと、思うところがあります。

この本を読んで、改めて、写真ってどういうものなのか、考えさせてくれた気がしました。
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

コメント
この記事へのコメント
このエントリー読んだら
ぼくもこの本が読みたくなってきました
K2持ってお出かけする時は
ゆったり気分なのでなんか解る気がします

電車の中で500Cを持った人を見かけたりすると
おおお、いいなぁ~と、つい見入ってしまったりして…

とにかく中判にはまだ手を出さないで置こうと思う
今日この頃です
2010/03/07(日) 14:12:59 | URL | HueBrener #-[ 編集]
>HueBrenerさん
BrenerさんのK2も、ゆったり気分でつかうのですね。
でも、そのゆったり気分を楽しめる人なら、この本を読まないほうが良いかも。
きっとハッセルが欲しくなっちゃうからですw
とは思うのですが、フジフィルムも最近フィルムの種類を減らし始めていますし、
フィルムを楽しむならば今のウチですよ~。
機会があれば、ぜひ使ってみてください。
2010/03/09(火) 00:28:07 | URL | anemoscope #UHHMi9u2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。